八丈島

俺が六十歳の夏にフォトグの水口君が八丈島で恒例のコンテストが始まるので行かないかと言うので、何か手伝う事でも有ればと行ったときのショットです。 コンテストは毎年行われかなり大きな楽しいコンテストだった。プロサーファーのエ[…]

もっと読む

テイクオフ2

このフォトは5年位前の白浜の岩切からブレイクする波を元プロサーファーの安藤恵太の奥さんのプロのフォトグラファーでもあるマリさんがシュートしてくれた物だ。 人間の心臓は1日に十万何千回も動かして生かせてくれるらしい。そのお[…]

もっと読む

夢の様な旅

今から三十年以上前の事、カタンドアネス島のコテージのオーナーの一人の方から、1ヶ月コテージに泊まり波乗り三昧をしてみないかと誘われスポンサーの協力もありエリック荒川に5’10”と6’8”の二本をオーダーして妻の了解を取り[…]

もっと読む

テイクオフ

テイクオフこそ波乗りの始まりで基本だ。河口やリーフでブレイクするポイントブレイクや様々な形でブレイクするビーチの不規則な波にどの様にテイクオフするか。リーフのビックウェーブ時などに波のチョイスを間違えテイクオフを失敗した[…]

もっと読む

ボトムターンとリッピング

十六歳の夏、俺はコンパネを円形にしたスキムボードに夢中になり砂浜を走り回っている時、初めて白浜で波乗りを見た。やりたくてもサーフボードはその当時とても高価な物で、波乗りなんてやれる気も起きなかった。しかし、次の夏、友達の[…]

もっと読む

八丈島

俺自身十代の頃から波乗りの旅が始まり、息子、啓も十歳から波乗りを始めた。このフォトは小学校最後の春休みの八丈島で、タコスポイントに向かって歩いている親子の様子だ。二十五年以上は過ぎた。 この頃はまだ歩いてポイントの正面近[…]

もっと読む

東の横綱と南の大関

伊豆の東海岸にライトハンドの絶対にクローズアウトをしないパーフェクトなブレイクを見せる波があり、伊豆半島の最南端には6フィート以下ならショルダーは短いが鋭く立ち上がるライトハンドの波があり、相撲の番付ではないが例えてみた[…]

もっと読む

ガン

8’1″ x 19⅛” x 2⁵⁄₁₆” P ハワイノースショアのハレイワに二軒シェーブアイスのお店があり、その1軒の人の持ち家を約十年近く冬の11月半ばから約1ヶ月間くら[…]

もっと読む

ストール

バレルの中に入る前、一瞬板の動きを止めバレルに合わせる動作の技の事をストールと呼ぶ様だ。伊豆全般にビーチブレイクでは昔ほどバレルを伴う波が少ない(昔とは何年位前の事かと言えば、二十年位前の事だ、俺の経験で)様な気がしてい[…]

もっと読む