Posts in Category: 2018

Chimera

キメラ

  • Quad
  • 4スロットル
  • 6’4″ x 20″ x 2¼”
  • RP

秋に入り一雨降る事に一度気温が下がり始めると気象予報士がTVで言ってた。冬の波の様子を瞑想してると、風の強い大きな波の時や、風の弱いオフショアの膝腰時のピカピカ光った波の時など、楽しめそうな板のデザインが浮かんだ。
瞑想も一休みして過去に使った板の色々な曲線を合わせながらアウトラインを描いて、ボトムカーブをプレーナーで作る。強風も苦にせず頭以上の波でもテイクオフがスムーズで、小さな波でも回転性も良く、スピードに重点を置き、ボトムはシングルコンケーブの中に4スロットルを入れ、FinシステムもQuadにした。波の上を良く走りより滑りそうなデザインに仕上がった。
幸運にもこの板の出来た次の日から台風二十五号のファーストスウェルが多々戸ビーチに入って来た。沢山の波はゲット出来なかったが、セットの形の良い波だけテイクオフ出来て、思い描いた板のマニューバーは満足出来る走りだった。
寒い冬もこのChimeraで楽しめそうだ。

Lotus

ロートス

  • 6’0″ x 20″ x 2⅜”
  • RP
  • EPS
  • シングルコンケーブ

この板が出来た2日後から台風十九号のうねりが入り始め、ビーチブレイクでは無くロックのポイントブレイクで初乗りが出来た。
次の二十号の去った後の白浜のビーチブレイクでも一時ではあったがライトレフト共に頭位の波のサイズでテスト出来てよかった。
ライドした感触は絶対にスピードに乗って走る事位だろう。6フィンに関しては色々なデザインを出して説明してきたので、この程度で良いと思う。
夏も終わり秋の気配、水温も上がり浜辺で泳ぐ人も居なくなり、これから水を得た魚ではないが、板を得たサーファーになって波を楽しみたいものだ。

Argo

アルゴ

  • 5’10” x 20″ x 2⁵⁄₃₂”
  • SQ
  • 2スロットル
  • EPS

ギリシャ神話での英雄たちの乗った速い船の名前ARGOと出てたので気に入り名付けた。
伊豆ビーチブレイクでサイズは胸頭位の波でのテストだが、パドルが早く楽に進み、テイクオフからマニューバーに入る確実性、カール際のスピードは素晴らしく、俺にはとても気に入ったボードになり夏が待ち遠しい。

2018 Models

ELGON

  • 5’6″ x 23″ x 2¼”
  • ダイヤモンドテール
  • SC
  • EPS

SUCCESS

  • 5’8″ x 19¼” x 2³⁄₁₆”
  • SQ
  • SC
  • EPS

SPEEDY

  • 5’10” x 18⅛” x 2³⁄₁₆”
  • 2channel
  • EPS

2018 Hector

ヘクター

  • 5’10”
  • 20″
  • 2⁵⁄₁₆”
  • Fish
  • MEGA-BLOCK CUT
  • EPS Foam

又々今年も6フィンからスタートした。まだEPSFoamでは6フィンを試した事が無かったのでPUとの乗り心地の違いを確かめたくて削ってみた。

出来てライドした感じはPUより全体に軽く動くので操作しやすく、スピードにも乗って走った。
これから春に向けてウェットスーツも薄い物になるので体を動かす事が楽になり、ますますサーフする事が楽しみになった。

このタイプの板を乗り始めて九年目くらいになるが、乗り始めたきっかけは個人的に俺の技量では従来の板ではマニューバーに変化が感じられず迷った時があり、その時に思い付いたのが6フィンで、飽きる事がなく乗って来た。従来の板のタイプより勝れているとか言うのでは無く、その波に合う沢山のタイプが有る中に6フィンも有るよ、と思ってくれると嬉しい。他の人達と少しでも違うマニューバーを楽しんでる20世紀の生残りのサーファーです。