カタンドアネス島(フィリピン)

良い波を求めてそのポイントに集まるサーファー達をそれ以上に楽しめる様に宿を作りプライベート感覚でリラックス出来る場所を作る事を目的で、波乗り好きな仲間と現地に長年住んでいた日本人の方とかが意気が合い、お金を出し合ってバンブーハウスのコテージを作った。
私のスポンサーもこの中の一人で、何回もここには行かせて貰った。その時代は珍しいことなので雑誌にも何回か取り上げられた。私は波のバレルに感動し、このポイントでチューブライディングを何十回も味わった。春と秋に数回行ったが、秋の方が波は有り、グアム沖で熱低が出来やすく、うねりも大きくリーフに当たる水の量も多い為に乗る距離も長くバレルも有り安全だ。春のバレルは大きいがシャローになり距離も短く干満の差が大きく波乗りを出来る時間が限られるが、それも楽しい。
このフォトは水口君と春に訪れた時のショットだ。このショットを見るたびに懐かしく楽しかったことを思い出し、関係者の方々にとても感謝している。有り難う。

1985年頃 フィリピン カタンドアネス島 ポイント名 ポララン

5'10" 18'½" 2³⁄₁₆" SQ

5’10” 18’½” 2³⁄₁₆” SQ Photo:Tomomi Mizuguchi

6'8" 18'½" 2'¼" RP

6’8″ 18’½” 2’¼” RP Photo:Tomomi Mizuguchi

Comments are Disabled