EPS Megaro

kiriflex DYE

  • 5’7″
  • 20⅛”
  • 2¼”
  • Fish
  • Twin

何かの本で百年過ぎないと歴史にはならないといったことを読んだ事がある。ウッドで波乗りを始めてからは百年以上は過ぎたと思うが、このプラスチックの素材からは百年にはならないと思う。長いボードのシングルFinから始まり、TwinFin、TriFin,QuadFinになり、俺は十何年位前からFinを更に増やし6Finで楽しんでいる。
80年代にQuadをシェープしてオーストラリアの波に乗って楽しんで来て同時にTwinで色々な場所でサーフした頃の事を思い出し、TwinFinが懐かしくEPS kiriflex DYEでデザインをしてシェープをした。
素材が新しいのか、早く走り操作も楽で、昔使った板とは違うと感じたが、TwinFinはやはりこのタイプの板の走り方を覚える事がベターだ。
どのタイプの板も体と板が一体となって走っていれば問題はないが、Twinはセンターfinが無いので、横を向いた時の速度は抜群だが、レールが上手く入らない時などはスピンアウトを起こし、楽しさも半減してしまう。だが心配は無い。沢山海に入って居れば海と板がサーフィングを教えてくれる筈でそれもその人の歴史だ。