Posts in Category: Shaperより

2017

俺が波乗りを覚えて五十一年になる。しかしその二年位前から夏になると白浜に波乗り板を車のルーフに積んで来て楽しんで帰る人たちを目撃していた。何か別の人間が遊んでいて宇宙人を見てる様だった。
その波乗りを二年後くらいには人一倍夢中になってしている俺だった。それ以来色々な人達と出会って今日に至る。1960年代後半初めて板の上に立ち波に乗れた時の経験は、喜びと共に海の事や板の事をもっと知りたくなり湘南のボード工場に就職してボード作りを覚えた。そして色々な大会に出場し、それから海外の波も乗ってみたくなりその当時の波の良い有名なポイントにはほとんど行って乗った。当時あまり情報が少なく、自分の足で行って見て経験する事が大事だった。
今では色々な場所から色々な情報が手に入り、旅にも行って来た気になり、ボードの説明書を読んで何年も経験した気分で海に来て、遊び方の判らない様な感じのサーファーを見ると可哀相になる。サーフショップとかでサーフクラブを紹介してもらったりして仲間を作ってほしいものだ。
最近五十年以上波乗りをやって来た友人などと話すと、俺達が海にいた時にあんな雑誌に出てあんな事言ってたけど、あんな奴サーフしてたの見たかとか居たかとかそんな話になる時がある。何故かというとその時代、日本中の海を旅すればほとんど大会で会って知り合ったサーファーばかりで、どこの海に入っても誰も居なく俺がどこに行っても湘南、千葉以外はローカル気分で波乗りしてた。まだ昔の話が通じるサーファーは今でもこの業界で何かしら仕事をしている。
俺も板削りも仕事にして波乗りを続けたいと思っている。

Shirahama 1968

ハンドシェープ

もう何年この仕事をしているのだろう。このフォトは20年位前のものだ。スキルのプレーナーにダクトを付け、なるべく粉砕を浴びない様に考え、私の知る限り皆同じ様にしていたと思う。
だが今ではシェープマシーンで出来てちょっとペーパーをかければ形だけはだれでも出来る様になっている。しかしマシーンにシェープ料金を支払わなければならない。やはり古い職人気質のためか、昔からシェーパーは粉まみれになりシェープしてテストをするのが仕事だと思っているのは私だけでは無いと思う。手作りは楽しいものだ。

Photo:Tomomi Mizuguchi

Photo:Tomomi Mizuguchi

SQ 6フィン

2005年の冬にトライフィンのボードの動きに自分の年齢に限界を感じたのかクワッドに切り替え、12月のハワイのノースショアーに6’3″  18½”  2³⁄₁₆ SQを持って行き、ビッグウェーブではないラニアケアやハレイワでテストライドして楽しんだ事を覚えている。

その頃よりクワッドがポピュラーになり今日に至っている。2年間位クワッドに乗り、波の切り立った時のクワッドの早さに惚れ込み、バリのクラマスやオーバーヘッドサイズのウルワツのコーナーをライドした。2007年1月にセントラルジャワにもクワッドを持って行き、10日間位楽しんで、そのクワッド、5’8″ 18⁷⁄₈  2³⁄₁₆ ダイヤモンドテールをローカルが是非提供して欲しいと頼まれプレゼントした事が懐かしい。

それから横にもっと速い板を思い考えデザインをしたのが6フィンである。2008年より現在に至るまでサイズを変え幅を変え6年目に入った。

5'8" 19½" 2¼" SQ 6fin

5’8″ 19½” 2¼” SQ 6fin

ワイドビーチマスター ダイヤモンドテール

6'4"  20 7/8" 2 1/2"

6’4″ 20 7/8″ 2 1/2″

久々にシングルフィンでのファンボードをシェープしようとフォームを取り寄せてみた所、カタログの数値と私の思っていたロッカーが少し違って、ノーズのボトムのカーブが強く感じたので、シングルフィンは止めて6フィン用のボトムカーブに変えてシェープしてみた。

早速白浜に波が入ってくれて、サイズも胸位のロングショルダーでニューボードで三時間ぐらい波乗り出来て、奇麗な水の中で楽しんだ。

ファンボードの6フィンなので従来のコントロールを目的としたトライフィンとは違い、ターンは重く感じるがしっかりしたターンが決まればトライフィンでは味わえない様なスピードが感じられ、波の大小に関係なくとてもスムーズに走ってくれた。

今年の夏はこの板を大人の玩具として楽しみたいと思う。

5’4″ KITE

5'4" x 18 7/8" 2 5/16"

5’4″ x 18 7/8″ 2 5/16″

5月18日に出来たホヤホヤのKITE。

出来た日から波があり、早速テストをする。

波のサイズは腰から胸位で、白浜では4日間波に恵まれ、若いライダーにも乗ってもらったところ、テイクオフも楽で速いし面白いと言ってくれた。

私がライドした感想は個人差は有るがパドルが速く、リップやカットバックが普通のショートボードよりやりやすかった。色々なタイプのボードに乗る事によって色々な波乗りを考えられる。

サーフィングは面白い。

DSC_0274DSC_0275

カイト ノーズダイヤモンド

カイト ノーズダイヤモンド

カイト ノーズダイヤモンド

カイト ノーズダイヤモンド テールスカッシュ

5’10 x 19 1/4″ x 2 1/4″ 6フィン

6フィンに乗り始めて今年で5年目に入った。4’8″~7 ’10″までのサイズの板をビーチブレイク、リーフ(ポイント)ブレイクで試し、去年はノーズ、テール共にスクエアー5’5″を乗ってビーチで楽しんだが、今年に入りこの形をデザインした。

感想は早く走り曲がりも早くテイクオフも楽だが、スタンダードなトライフィンより足腰の力が必要で、脳味噌まで塩漬けになっている様なサーファー向けだ。

カイト&ビーチマスター

左:カイト 右:ビーチマスター

左:カイト 右:ビーチマスター

カイト

5’5″ x 19 1/4″ x 2 5/16″

ビーチマスター

5’2″ x 20″ x 2 3/8″